とても重要な円高・円安

 FXやバイナリーオプションでは円高や円安の考え方を必ず身につけておく事が必要です。円高や円安というのは投資家にとって必須の知識で、何が原因で経済が動いているのか、何が原因で値段が上下動するのかを把握しなければ利益を確保する事が難しくなってしまいます。このため、簡単なレベルでいいので、円高や円安などの高校生レベルの経済の知識を持っておく事が重要です。

まず、円高や円安という概念は他の国の通貨との関係で決まります。単純に言うと他の国の通貨と比べて日本の円がどれだけ必要とされているのかという事で決まります。つまりは需要と供給の綱引き関係です。もし、日本の通貨の需要が非常に高く、世界じゅうから必要とされている場合には日本の円はどんどん価値が高くなり、1ドルあたりや1ユーロあたりの金額は徐々に低下していきます。このような円の需要が上がる状態を円高といい、1ドル100円だったものが1ドル80円になったら円の価値が上がっているので円高になったという事ができるのです。

逆に、円の需要が下がる場合もあり得ます。このような場合では逆に他国の通貨を日本が必要とする立場になり、日本円の需要が少ない分、どんどん他国通貨の金額が値上がりしていきます。

例えば、1ドル100円の状態から1ドル130円になった場合には円安に変化したという事ができるのです。円高や円安は実は毎日の取引に密接に関係していて、特に各国間の政治の関係や経済の関係によって大きく変化していきます。このため、経済的な状況を常に把握して円高になるか、円安になるのかをチェックしておく事が必要です。

円高と円安を決めるのは外国の安定性によります。外国が日本よりも経済的により不安定になった場合には、日本の通貨に投資を行って利益を確保する事が投資家の間で行われるので、日本円の価値が非常に高くなります。このため、どんどん世界中に日本円が買われてしまい、日本の円が市場から減少してしまい円高になります。このような円高が最近の例ではEUのイギリス脱退問題です。この時になぜ日本円が急激な円高になったかというのはイギリスの経済不安が一番の理由だったのです。このような経済状況による通貨の値動きを分析する事をファンダメンタルズ分析と言って、現代の分析の中で非常に重要な分析技術と考えられています。皆さんもニュースや経済情報をもとに世界の様子を考えてみてください。

デイトレード

デイトレードとは、株式投資の短期の売買手法です。短期に売買を重ね利益を積み重ねていく方法になります。デイトレードは数日で利益を得たり、数時間または数分で利益を得る事も可能です。デイトレードの基本はコツコツ毎日利益を得る事です。株価が上がってくると「もう少し上がるかもしれない」と思ってしまいます。

一日で大きな利益を上げようと思ってはいけません。そう思ってしまう人はデイトレードに手を出してはいけないのです。株式投資というのは、やる人の性格や経験が反映されます。投資がギャンブルになってしまう、そうゆう危険性もあるので十分な注意が必要です。

リンク案内