順張りと逆張りについて知識をつけておく

sdkf88 ○順張り・逆張りとは一体何なのでしょうか?

「順張り」

現在の相場の動向が今後も続くと読んで、購入を行うことを“順張り”といいます。

・相場が上昇しているときに「上がる」チケットを購入する。

・相場が下落しているときに「下がる」チケットを購入する。

これらが、順張りに該当します。

「逆張り」

順張りとは逆に、現在の相場の動向とは逆の動向になると予測して、購入を行うことを“逆張り”といいます。

・相場が大きく上昇する、いわゆる上昇トレンドのときに「そろそろトレンドが転換する」と予測して「下がる」のチケットを買う。

・大きく下落中の下降トレンドのときに「もうこれ以上は落ちずに上がるだろう」と予測して「上がる」のチケットを買う。

等が逆張りに該当します。

トレンドに乗る順張りの方が、一見すると当たる確率は高そうですが、実際に取引をしてみると、判定時間内にトレンドが転換してしまうことも珍しくなく、逆張りの方が当たる場合もあるのです。

○ボリンジャーバンドで逆張りを狙う場合の2つの注意点

逆張りを狙う場合はここに注意!

ボリンジャーバンドで逆張りを行う場合、現時刻からポイントまでの経過時間に注意が必要です。その理由として、現時刻に近ければ近いほどトレンドが変化する可能性が高く、反対に離れていればいるほど、切り替わったトレンドが反転する可能性が高くなるからです。ボリンジャーバンドで見つけた反落・反騰のポイントが現在よりもかなり離れた場所にある場合、取引の終了時間を考えてチケットを購入することをおすすめします。

買うタイミング・残り時間に要注意!

為替相場の動向を見る場合、表示時間が長ければ長いほど動きは滑らかになり、反対に、短ければ短いほど、上下の振れ幅が大きくなります。そのため、バイナリーオプションのような短期集中型取引で、ボリンジャーバンドを用いた逆張りを適用する場合、購入するタイミング、残り時間が非常に重要となってきます。

バイナリーオプションは短時間投資の性質上、終了時間までに開きがあればあるほどトレンドが変化する可能性が高くなります。30分の取引で、開始5分でボリンジャーバンドでポイントを見つけて購入しても、残りの25分で新たなポイントが現れてトレンドが変化する可能性が十分にあるということです。ボリンジャーバンドで導いたポイントでの逆張りを狙うなら、短時間で取引できる海外の60セカンズなど、取引時間の短いものを選ぶと良いでしょう。

デイトレード

デイトレードとは、株式投資の短期の売買手法です。短期に売買を重ね利益を積み重ねていく方法になります。デイトレードは数日で利益を得たり、数時間または数分で利益を得る事も可能です。デイトレードの基本はコツコツ毎日利益を得る事です。株価が上がってくると「もう少し上がるかもしれない」と思ってしまいます。

一日で大きな利益を上げようと思ってはいけません。そう思ってしまう人はデイトレードに手を出してはいけないのです。株式投資というのは、やる人の性格や経験が反映されます。投資がギャンブルになってしまう、そうゆう危険性もあるので十分な注意が必要です。

リンク案内